粉吹き肌 改善

粉吹き肌の改善には肌バリア力を高める石鹸を

洗顔後に頬や口周りから白い粉が吹く

 

乾燥する時期には特に多い粉吹き肌の悩みは皮膚のバリア機能が薄れ、お肌の水分が蒸発してしまうことが原因です。バリア力を失った皮膚はうるおいを保持することが出来ず、乾いた角質が剥がれ落ちるのです。

 

水分を保つにはお肌のバリア力を強める必要があります

 

まずは皮膚に刺激を与えない無添加の固形石鹸を使うこと。バリア機能を持つフコイダン配合のもずの魔法石鹸は、海藻と同じく表面を潤いの膜でコーティングするので水分を逃がしません。

 

 

 

粉吹きの改善はお肌のバリア力強化から

 

もずく由来の無添加石鹸もずの魔法石鹸とは?

粉吹き肌を改善するには強く洗わないこと

余分な皮脂汚れはサッパリ落とす必要があります。

 

皮脂が残って酸化してしまうとニキビなど肌荒れの原因になります。しかし、洗顔時に強い力で顔をこする必要はありません。

 

強い力で洗うとお肌が傷つき逆効果です

 

洗浄力の高い石鹸をよく泡立てて顔になじませる事が大切です。泡が濃密であればより手の力を必要としないので、やさしく洗いあげることが出来るでしょう。

 

 

また、市販の洗顔フォームによくある合成界面活性剤などの化学化合物は、お肌への刺激が強いです。乾燥肌や敏感肌、アトピー肌の方は無添加の固形石鹸で顔を洗ってあげましょう。

 

 

天然洗浄成分+うるおいバリア力で荒れない肌に泡立ちのいい無添加洗顔石鹸

粉吹き肌の改善に化粧水は必要ない?

水分を補うといえば手っ取り早いのは化粧水ですが・・・

 

化粧水は肌の外側から水をつけるという感覚に近いです。肌の内側に浸透するわけではなく、蒸発してなくなってしまうものなので根本的な粉吹き肌の改善には至りません。

 

化粧水は潤った気分になれるだけ

 

それよりも大切なのは、肌の内側の水分をどうやって逃がさないようにするかです。乾燥肌の方は表皮のバリア機能が弱くなっていますので、それを補うことが粉吹き肌改善の対策になるといえるでしょう。

 

 

粉吹き肌改善には肌の内側からの保湿をバリア機能の強い洗顔石鹸はこちら

 

熱いお湯で洗顔していませんか?

温度の熱いお湯(お風呂で洗う温度と同じ程度)は、皮脂汚れと一緒にうるおいまで落としやすくしてしまいます。洗顔時には面倒でもぬるま湯を使い、拭き取るときもタオルでやさしく押しながら水分を拭うようにしましょう。

 

適切な洗顔方法と適切な洗顔石鹸が、洗顔後の粉吹きを防ぐ対策になります。

 

乾燥肌と相性のいい洗顔石鹸

 

粉吹き肌改善

粉吹き肌を治したいのであれば潤いを満たすだけでは足りません。取り込んだ潤いを逃さない保護膜を作ってあげることが重要です。保湿力をうたっている市販の洗顔料では足りないので、皆さんは洗顔の後に化粧水や美容液、保湿クリームなどをつけているのではないでしょうか。それでは、洗顔の時点で保護膜を作ってくれる成分が入っているとしたらどうでしょう。外からの害のある成分は寄せ付けず、中に取り込んだ潤いを逃さない。そんなことが出来る成分がフコイダンというもずく由来の成分です。

 

フコイダンの保湿とバリア機能

フコイダン成分の石鹸を使うことで洗浄力に保湿力、更にはバリア機能が働く粉の吹かない肌を実現できます。洗顔後もしっとり肌を維持できるので、粉吹きはおろか、化粧水や美容液、ベトつくクリームなども塗らなくていい。そんな嬉しい声をたくさん頂いているのがもずの魔法石鹸になります。アトピー肌やかきむしり乾燥肌にもやさしい無添加石鹸なので超乾燥肌や敏感肌の人でも安心して使っていけます。ちなみに、フコイダンに係る仕事、もずくの漁師さんの手はとってもつるつるすべすべなんですよ。

 

乾燥肌の粉吹き対策として有効なもずの魔法石鹸は、肌の免疫力の弱い子供の肌荒れやかゆみを改善した実証を持っています。個人差はありますが、もずの魔法石鹸で体を洗うとお風呂上がりの乾燥も改善できた例もあります。